日本沙漠学会2017年秋季シンポジウム

『砂漠化と向き合う研究と実践の融合』

日時:平成291028()13:00

会場:筑波大学東京キャンパス文京校舎134講義室

東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅出口1より5分程度

   http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_campus.html

共催:人間文化研究機構北東アジア地域研究推進事業東北大学拠点

後援:公益財団法人・国際緑化推進センター、筑波大学

一般公開ですので、どなたでも参加できます。入場無料・申込不要

 

プログラム

13:0013:10  開会挨拶

13:1015:20  1部 話題提供

               田中 樹(総合地球環境学研究所)

               西アフリカ半乾燥地の脆弱環境に内在する地域ポテンシャルの発掘と活用

         石田紀郎(NPO法人市民環境研究所)

                  アラル海調査20年と旧湖底植林の報告

                  山中典和(鳥取大学乾燥地研究センター)

        中国における乾燥地緑化の現状と課題

15:2015:40  休憩

15:4016:50 パネルディスカッション

                       司会:窪田順平(総合地球環境学研究所)

                       パネラー:田中 樹(総合地球環境学研究所)

                         石田紀郎(NPO法人市民環境研究所)

                         山中典和(鳥取大学乾燥地研究センター)

                         大塚健司(アジア経済研究所)

                         吉川 賢(岡山大学、学会長)

16:5017:00 総括・閉会

 

 

秋季シンポジウムチラシA4
日本沙漠学会秋季シンポジウム_チラシ_A4.pdf
PDFファイル 560.2 KB
秋季シンポジウムポスターA2
日本沙漠学会秋季シンポジウムポスター_A2.pdf
PDFファイル 594.2 KB

2017~2019年度評議員選挙会告】2017/1/5

投票期限:2017年1月10日(火)

(当日消印有効)

2016年度学会賞受賞候補者推薦のお願い 2016/9/26

推薦期限:2017年2月 28 日(火)(当日消印有効)日本沙漠学会賞(学会賞,学術論文賞,進歩賞,奨励賞の4賞)を公募いたします.

学会事務の一部を外部委託することになりました 2016/8/2

会員管理・会計業務・サイト管理等の学会事務を7月より株式会社共立に外部委託することとなりました.

【「沙漠研究」誌に関するアンケート】
2016/5/28
 

 オンラインジャーナルへの公開に伴い,本誌のより充実に向けて,学会員の皆様にアンケー回答のご協力をお願いしております.案内が届きましたら,どうかご回答の程お願いいたします.

学会誌「沙漠研究」Vol25 (2015)~ J-STAGE公開
-----------
"Journal of Arid Land Studies" is open to public  from vol. 25 (2015) via J-STAGE

・「砂漠化の原因・現状」について

・「砂漠化防止の国際的取り組み

                               について

鳥取大学乾燥地センターの解説)

Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA
Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA