2022年度乾燥地農学分科会講演会のご案内

日本沙漠学会乾燥地農学分科会会長

 石川 祐一

 乾燥地農学分科会では,下記のとおり講演会を開催いたします.奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます.

 ● 主催:日本沙漠学会乾燥地農学分科会

 ● 日時:2022 11 9 日(水曜日) 13301700 (受付1300~)

 ● 開催方法:対面式(オンラインはありません)

 ● 開催場所:東京都北区赤羽会館講堂

        〒115-0044 東京都北区赤羽南1 丁目131 TEL03-3901-8121FAX03-3902-4226

 ● 参加費:無料(ただし,資料代1,000 円)

 ● 開催趣旨:

 日本沙漠学会乾燥地農学分科会では,毎年乾燥地農学に関する講演会を開催しています.

 今年度の講演会では,資源高騰と戦乱を背景とした食糧価格の世界的な上昇リスクを踏まえ,乾燥地および日本の食糧生産・消費活動の課題とこれからについて論じる機会にしたいと考えています.皆様のご参加をお待ちしております.

 

「乾燥地と日本の食糧:供給源の構造変化にどう対応するか?」

講演会次第(予定)

 ★ 1300 - 受付

 ★ 1330 1340 開会の辞 田中 徹(日本沙漠学会副会長)

 ★ 1340 1410 講師   吉橋 忠(国際農林水産業研究センター プロジェクトリーダー)

 ★ 1410 1440 講師   齋賀大昌(農林水産省みどりの食料システム戦略グループ 調整官)

 ★ 1450 1520 講師   羽賀清典(畜産環境整備機構 顧問)

 ★ 1520 1550 講師   佐伯真魚(日本大学生物資源科学部 教授)

 ★ 1600 1630 全体討論

モデレーター 石川祐一(乾燥地農学分科会会長)

パネラー 吉橋 忠,齋賀大昌,羽賀清典,佐伯真魚

 ★ 16:30 1640 閉会の辞 平賀義彦(乾燥地農学分科会副会長)

 ※ 1440 1450 ブレイクタイム

●参加費 無料(ただし,資料代1,000 円)

 学会ウェブサイトもしくは電子メールから,①氏名,② TEL,③ E-mail,④所属をご記入の上,事務局宛にお送りください.

 [申込先]事務局:(担当:藤巻)

   E-mail  cadal_jaals@kyouritsu-online.co.jp

 

2022年度乾燥地農学分科会講演会のご案内.pdf
PDFファイル 452.1 KB

日本沙漠学会2022年 秋季シンポジウム開催について

2022年10月15日にレクトール湯河原(オンサイト)およびZoomのハイブリッド形式で「遊牧を考える―過去・現在・未来」と題した秋季シンポジウムを開催いたします.詳細は|大会・シンポジウム|の情報をご参照ください.

 

2020~2022年度評議員選挙開票結果

2020~2022年度評議員選挙開票結果報告です.

 

学会誌《沙漠研究編集業務について 2018/4/1

28巻1号より株式会社共立に編集業務を外部委託することになりました.

学会事務の一部を外部委託することになりました 2016/8/2

会員管理・会計業務・サイト管理等の学会事務を7月より株式会社共立に外部委託することとなりました.

学会誌「沙漠研究」Vol25 (2015)~ J-STAGE公開
-----------
"Journal of Arid Land Studies" is open to public  from vol. 25 (2015) via J-STAGE

・「砂漠化の原因・現状」について

・「砂漠化防止の国際的取り組み

                               について

鳥取大学乾燥地センターの解説)

Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA
Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA