Vol.21 - Vol.22/ 21巻から22巻までの目次
21巻から22巻までの目次.pdf
PDFファイル 374.1 KB

Vol. 21 No. 1 (2011.6.25) 

巻頭言 

豊田裕道:日本沙漠学会第5代会長就任に当たって 

原著論文 

木村玲二:黄土高原六道溝流域の自然草地におけるNDVIと降水量,

土壌水分との関係…1-6 

古澤 文:タリム盆地,アラル市における農業の変容‐高解像度衛星

画像からみた農業インフラ整備と耕地の拡大‐…7-14 

小特集:日本沙漠学会2010年度秋季シンポジウム(閲読原稿) 

概要…15-16 

渡邊三津子・小長谷有紀・秋山知宏・窪田順平:カザフスタン共和

国アルマトゥ州における農牧業変遷の一事例…17-23 

古澤 文:中国タリム盆地オアシスにおける温室栽培の現状と課題 

‐カシュガル市を事例に‐…103-105 

中村知子:中国における農業の市場経済化と実態分析―甘粛省張掖

市甘州区を例に―…31-36 

小宮山博・ラブダンスレン・チャンツァルドゥラム:モンゴル国農

牧業の過去半世紀の変動とその将来展望…37-43 

おあしす 

 

Vol. 21 No. 2 (2011.9.25) 

特集号:第 1 回国際乾燥地会議/第 10 回国際沙漠技術会議論文集 

組織委員代表・開会宣言…i-ii 

編集に際して…iii-iv 

Keynote Session of ICAL 1/DT X 

ICAL 1/DT X Joint International Symposium with JAALS 

おあしす

Vol. 21-3 (2011.12.25) 

巻頭言 

中村 徹:学会誌の編集に臨むにあたって 

原著論文 

Bubak SOURI and Makiko WATANABE:Contribution of CaO/ZrO2 and 

Parker Indexes to Evaluate Leaching Intensity among Calcareous 

Soils in Western Iran…81-88 

資料・報告 

堀田朋樹・中山正和・西牧隆壯・渡邉文雄:シリアにおける節水に

向けた改良型地表灌漑技術の現状と課題…89-95 

小特集:平成22年度乾燥地農学分科会 

概要…97-98 

入江光輝:バイオ燃料事業の実施上の課題‐事業採算性と二酸化炭

素排出削減に関するレビュー‐…99-102 

角井 修:バイオマスビジネスを用いた沙漠の修復.103-105 

小特集:日本沙漠学会2011年度秋季シンポジウム 

概要…107-108 

菅沼秀樹・江頭靖幸・宇都木玄・相川真一・黒澤勝彦・高橋伸英・

酒井裕司・田内裕之・齊藤昌宏・加藤 茂・安部征雄・小島紀

徳:西豪州乾燥地を利用した温暖化対策とその温暖化削減ポテ

ンシャルの推定…109-112 

酒井裕司:中国における大気汚染と沙漠化の同時解決の取り組み…

103-105 

川端良子:中央アジアのアラル海の環境問題…119-122 

加藤 茂・小島紀徳・菅沼秀樹・Sanit AKSORNKOAE:マングロー

ブ植林「緑の絨緞作戦」による放棄されたエビ養殖池の修復…

123-128 

鈴木伸治・真田篤史・渡邉文雄・高橋 悟:エチオピア中央部の気

象および土壌の特性と沙漠化…129-134 

森尾貴広・安部征雄:北アフリカの持続的な発展への展望と課題…

135-141 

おあしす 

 

 Vol. 21-4 (2012.3.25) 

巻頭言 

森尾貴広:文理融合と異文化理解 

展望論文 

入江光輝・Bouya Ahmed Ould AHMED・安部征雄・八幡暁彦:モー

リタニアにおける農業生産力向上の可能性について…143-154 

原著論文 

郭 蒙・王 秀峰・劉 陽・李 静・松岡延浩・谷 宏・松村伸二:

改良したエキスパート分類法を用いた乾燥・半乾燥地域の土地

被覆分類…155-165 

エルラン アハポフ・北野慎一:カザフスタンの農村地域における砂

漠化の一要因‐アルマティ州ジャンブル地区の過放牧の可能

性‐…167-180 

李 鴻・北村義信・清水克之・喜多威知郎:安定同位体分析を用い

た半乾燥地域における地下水の涵養源および流動状況の同

定:中国洛恵渠灌区洛東区における事例研究…181-189 

書評…191 

おあしす 

 

Vol. 22 No.1(2012.6.25)

Special issue: Proceedings of ICAL 1 / DT X 

THE 1st INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARID LAND (ICAL 1) “DESERT TECHNOLOGY X (DT X) ” May 24th-28th, at Toyoko Inn in Narita, Japan 

Welcome Address・・・i-iii 

Editorial・・・iv 

Welcome Address・・・v-ix 

Refereed Papers (Oral Presentation) ・・・1-178

Refereed Papers (Poster Presentation)・・・179-348

OASIS (News and Communications, in Japanese) 

 

Vol. 22 No. 2 (2012.9.25) 

巻頭言 

渡邉文雄:学会の財務状況の改善とさらなる活性化 

原著論文 

Katsuyoshi SHIMIZU, Misaki SHIMIZU:Effects of Different Planting 

Densities and Saline Environment on the Seed Yield and Seed Oil 

Yield of Salicornia europaea Cultivation ・・・349-355 

短報 

安田 裕・河合隆行・Mohamed Abd Elbasit MOHAMED AHMED・縄

田浩志:乾燥地スーダンにおける降水量時系列の季節変動につ

いて・・・357-361 

安田 裕・河合隆行・Mohamed Abd Elbasit MOHAMED AHMED・縄

田浩志:乾燥地スーダンにおける降水量時系列の周期特性につ

いて・・・363-367 

小特集:乾燥地農学分科会講演会 

概要・・・369-370 

杉本英夫:塩害農地のレメディエーション ‐土壌改良による除塩,

油汚染,海成粘土の対策技術‐・・・371-374 

土屋信行:東京東部低地帯(ゼロメートル地帯)の洪水の歴史と発

生の危険性・・・375-379 

小特集:沙漠工学分科会第 26回講演会 

概要・・・381-382 

池田良一:アフリカのイネ ‐NERICA 種子生産の視点から‐・・・

383-390 

真田篤史・鈴木伸治・中村謙仁・渡邉文雄・高橋久光・高橋 悟:エ

チオピア半乾燥地域におけるネリカ栽培の可能性・・・391-395 

中山正和・堀田朋樹・切岩祥和・糠谷 明:シリア国における水資源

の有効利用に向けた節水灌漑技術の普及活動と普及ツール・・・

397-402 

後藤明生・鈴木伸治・渡邉文雄・西牧隆壯・高橋 悟:水利用からみ

たウガンダの風土特性とネリカ栽培における課題・・・403-407 

質疑応答・・・・409 

おあしす

Vol. 22 No. 3 (2012.12.25) 

巻頭言 

平田昌弘:新たなる価値の創出 

原著論文 

Hong LI, Yoshinobu KITAMURA, Katsuyuki SHIMIZU, Ichiro KITA, 

Liangjun FEI: Application of a Modified Ecological Footprint to the 

Small Hydropower Replacing Fuel for Ecological Protection Project 

- Case of the Magedang experimental area, China -・・・409-418 

Takuro SHOJI, Atushi HAYAKAWA, Yuichi ISHIKAWA, Satoshi 

MATSUMOTO, Shin HIDAKA: The Effect of Wheat Bran 

Application on Soil Nutrition in Saline Soil in Western Australia・・・

419-426 

Abulaiti ABULITIPU, Reiji KIMURA, Weizhen WANG: Characteristics 

of Dust and Saltation Frequencies in the Center of the Hexi Corridor 

of China during Spring 2011・・・427-434 

小特集:日本沙漠学会 2012年度秋季シンポジウム 

概要・・・435-436 

坂場光雄:マリ共和国における砂漠化防止活動の 25 年の取り組

み・・・437-442 

岡本敏樹:NGO「緑のサヘル」の取り組み・・・443-447 

新島靖雄・中西昭満:NPO草炭緑化協会の沙漠緑化活動の4半世紀

と将来の展望・・・449-454 

吉川 賢:乾燥地生態系の保全と管理‐その教育と研究の試み‐・・・

455-461 

おあしす

Vol. 22 No. 4 (2013.3.25) 

巻頭言 

田島 淳:日本沙漠学会沙漠工学分科会長に就任して 

原著論文 

Shinchilelt BORJIGIN, Yunxiang CHENG, Toru NAKAMURA: 

Relationships between the Species Composition of Vegetation and 

Environmental Factors in Midwestern Steppe Region of 

Kazakhstan・・・463-472 

Shin-ichi AIKAWA, Yasuyuki EGASHIRA, Nobuhide TAKAHASHI, 

Hideki SUGANUMA, Hiroyuki TANOUCHI, Hajime UTSUGI: 

Coppice Regeneration of Afforested Eucalyptus camaldulensis in 

Arid Region of Western Australia・・・473-479 

短報 

Miho SUZUKI, Alaa MOHAMED, Korany ABDEL-GAWAD, Sayed 

SAFINA, Magdy A. EL-FADEL, Ahmed HUSSIEN, Osamu 

ENISHI, Sachio MARUYAMA, Atsushi TAJIMA, Naoto 

ISHIKAWA: The Effects of Water-saving Irrigation on Nutritive Value of Maize (Zea mays L.) in Nile Delta, Egypt・・・481-485 

小特集:2012年度乾燥地農学分科会 

概要・・・487-488 

南條正巳・新井大介・菅野均志・杉本英夫・三好 悟・高橋 正:農

地土壌の津波被災とその修復および岩沼市における試験事

例・・・489-492 

安住智行:岩沼市の東日本大震災からの復興の状況について・・・

493-496 

平塚静隆:土壌修復と菜の花プロジェクト ‐「津波塩害農地の除塩

および土壌修復技術に関する研究」に参加して‐・・・487-501 

おあしす

2017~2019年度評議員選挙会告】2017/1/5

投票期限:2017年1月10日(火)

(当日消印有効)

2016年度学会賞受賞候補者推薦のお願い 2016/9/26

推薦期限:2017年2月 28 日(火)(当日消印有効)日本沙漠学会賞(学会賞,学術論文賞,進歩賞,奨励賞の4賞)を公募いたします.

学会事務の一部を外部委託することになりました 2016/8/2

会員管理・会計業務・サイト管理等の学会事務を7月より株式会社共立に外部委託することとなりました.

【「沙漠研究」誌に関するアンケート】
2016/5/28
 

 オンラインジャーナルへの公開に伴い,本誌のより充実に向けて,学会員の皆様にアンケー回答のご協力をお願いしております.案内が届きましたら,どうかご回答の程お願いいたします.

学会誌「沙漠研究」Vol25 (2015)~ J-STAGE公開
-----------
"Journal of Arid Land Studies" is open to public  from vol. 25 (2015) via J-STAGE

・「砂漠化の原因・現状」について

・「砂漠化防止の国際的取り組み

                               について

鳥取大学乾燥地センターの解説)

Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA
Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA