2014

2014/9/9~13

ICAL 2 (Samarkand, Uzbekistan)

The 2nd International Conference on Arid Land Studies (ICAL2) on “Food Security and Innovations in Arid and Semiarid Agro-ecosystems”

Dear colleagues!

We would like to remind you that deadline for ICAL2 Abstract submission is June, 10, 2014.

Additional information you could find on http://www.cac-program.org/events/ical

 

 

ABSTRACT SUBMISSION INSTRUCTIONS
ABSTRACT SUBMISSION INSTRUCTIONS.pdf
PDFファイル 24.0 KB

---------------------------------------------------------------------------------------------- 

Attached please find the First Circular for ICAL2 on “Innovations for Sustainability and Food Security in arid and semiarid lands” to be held on 9-13 September 2014 along with instructions for submitting abstracts. The conference registration website and details about the conference we will provide soon.

 

We hope to see you in September 2014 in Samarkand, Uzbekistan.

 

Best regards and wishes.

 

Prof. Ulugbek N. Tashkenbaev,

Samarkand State University,

 

Dr . Kristina Toderich,

Regional representatives of the International

Center for Biosaline Agriculture (ICBA-CAC ) at CGIAR-PFU,

ICARDA-CAC office

 

Tashkent, Uzbekistan 

 

 

 

日本沙漠学会では研究成果を発表する場として学会誌「沙漠研究」を発刊して参りましたが,時代の要請を受け,Vol.25(2015年度)よりJ-Stage上にオンラインジャーナルとして掲載しております.現在,バックナンバーも随時オンライン化しているところです.このたび,諸般の事情を鑑み,紙媒体(冊子体)の発行を年1回とし,1巻(4冊)分を合本として発刊する方向で検討を進めているところです.この合本化案の是非に関して会員みなさまのご意見を伺いたく存じます.みなさまの忌憚ないご意見をお待ち申し上げております.ご意見はこちらから

学会誌《沙漠研究編集業務について 2018/4/1

28巻1号より株式会社共立に編集業務を外部委託することになりました.

学会事務の一部を外部委託することになりました 2016/8/2

会員管理・会計業務・サイト管理等の学会事務を7月より株式会社共立に外部委託することとなりました.

学会誌「沙漠研究」Vol25 (2015)~ J-STAGE公開
-----------
"Journal of Arid Land Studies" is open to public  from vol. 25 (2015) via J-STAGE

・「砂漠化の原因・現状」について

・「砂漠化防止の国際的取り組み

                               について

鳥取大学乾燥地センターの解説)

Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA
Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA