2021

日本緑化工学会乾燥地緑化研究部会からのお知らせ

オンラインシンポジウム2021 「乾燥地における植物の生理生態と緑化」

日時:2021年12月11日(土)13時30分~17時20分(予定)

方法:zoom ミーティング

参加費:無料

 

参加申込:下記URLから申込ください。

https://forms.gle/VBwKjaZQiJxfZnqp6

参加申込締切:2021年11月30日(火)

(zoomへの接続方法は、開催日の一週間程度前に登録されたメールアドレスに直接ご連絡いたします)

 

主催:日本緑化工学会乾燥地緑化研究部会

共催:鳥取大学乾燥地研究センター

共催:日本沙漠学会

後援 東京農業大学沙漠緑化研究部会/沙漠に緑を育てる会

 

開催の趣旨

乾燥地の水収支は少ない降水量のもとに成立しており,いったん破壊されればその回復は非常に困難で時間がかかることから、緑化の効果を短期的に捉えるだけでなく長期的にも考慮して,水資源などの環境への負荷を極力抑えた植物の生理生態学的に合理的な緑化を実践していくことが大切である。そのためには、世界各地の乾燥地における緑化種の生理生態的な特性の理解と生理生態学的に合理的な緑化のあり方の議論が不可欠である。本シンポジウムは、これらについての情報共有ならびに議論の場を提供するとともに、当該分野の研究のさらなる発展を目指すものである。

 

〇プログラム

13:30-13:35

 開会のあいさつ 山中典和(乾燥地緑化研究部会、鳥取大学乾燥地研究センター)

13:35-14:15

 基調講演:乾燥地における持続可能な緑化に向けて

 山中典和(鳥取大学乾燥地研究センター)

14:15-14:55

 講演1:スーダンにおける侵略的外来樹種の生理と生態―メスキートを事例としてー

 依田清胤(石巻専修大学)

14:55-15:35

 講演2:ジブチ共和国の北部山岳地帯に自生する薬用植物の種子発芽と初期生育特性

 橘 隆一(東京農業大学)

15:35-15:45休憩

15:45-16:25

 講演3:中国北西部の砂丘周辺に植栽される樹木の成長特性

 岩永史子(鳥取大学)

16:25-17:05

 講演4:中国北部の乾燥・流砂環境下における匍匐性常緑針葉樹の生理生態と緑化

 三木直子(岡山大学)

17:05-17:20

 質疑応答・総括

 吉﨑真司(東京都市大学名誉教授)

 

〇問い合わせ先

乾燥地緑化研究部会(岡山大学 三木直子)revegdryland@gmail.com

 

第32回学術大会講演要旨集公開
第32回学術大会の講演要旨集を公開いたしました。
日本沙漠学会 2021年 第32回学術大会 講演要旨集.pdf
PDFファイル 9.3 MB

日本沙漠学会2021年 第32回学術大会 オンライン研究発表会


【開催日時】2021年5月29日(土)

 (5月30日10:00~:総会のみ開催)

【発表】オンライン開催

 オンラインによる【口頭発表(10分)】または【ショートプレゼンテーション(5分)】

 

【参加締切り】2021年5月24日(月)

【一般参加費】無料

参加申込締め切りました

 

発表者申請

【発表申込】締切りました。

【発表者参加費】一般2,000円;学生1,000円(支払方法は追ってご連絡いたします)

プログラム要旨集>上記からダウンロード可能

529日(土)10:0011:30

<ポスター・ショートプレゼンテーション> 発表5分,質疑応答10

座長:酒井裕司(工学院大)              

No

発表者氏名

所属機関

タイトル

P1

山本真希

東京農工大学

パレスチナ刺繍の歴史とパレスチナ自治区における現状

P2

橋本裕紀1・島田沢彦2・関山絢子2・山崎由理2

1株式会社パスコ,2東京農業大学地域環境科学部

北海道の草地における光学-SAR衛星データ複合利用による地上バイオマスの推定

P3

佐藤拓己1・島田沢彦2・関山絢子2

1株式会社シーエーシー,2東京農業大学地域環境科学部

ジブチにおける衛星画像を用いた深層学習による農園領域抽出

P4

鈴木綾太1・鈴木伸治2・渡邉文雄2・島田沢彦2

1大成建設株式会社,2東京農業大学地域環境科学部

ジブチにおける水資源データベースの検証と流域水循環に関する研究

P5

高木才叶・石塚翔・黒澤亮

東京農業大学農学部動物科学科

Spirulinaの子牛代用乳原料としての活用方法の模索

P6

佐藤麻理絵1・後藤真実2・西川優花3・實野雅太4

1京都大学,2東京外国語大学,3アジア経済研究所,4東京農業大学

乾燥地・半乾燥地における「熱」の多面性ー衣・食・住・農の視点からー

 

529日(土)12:00 <理事会> 

 

529日(土)13:3016:25

<口頭発表> 発表10分,質疑応答10

座長 O1-2:鈴木伸治(東京農大),   O3-4:渡邊三津子(奈良女子大),
   O5-6:森尾貴広(筑波大),     O7-8:小島紀徳 (成蹊大

No

発表者氏名

所属機関

タイトル

O1

真木太一

九州大学名誉教授

201772324日の間ノ岳-農鳥岳-広河内岳での強風雨の気象特性

O2

篠田雅人

名古屋大学環境学研究科

人類と砂漠化多系的変遷

O3

瀬野佳月1・星野仏方2

1北海道大学大学院環境科学院,2酪農学園大学農食環境学群

気候変動と政策に左右される中央アジアのオアシス農業

O4

鈴木康平1・小長谷有紀2

1筑波大学,2国立民族学博物館

モンゴルにおける植生研究への古写真活用の可能性

休憩

O5

岩崎えり奈1・柏木健一2

1上智大学外国語学部, 2筑波大学大学院人文社会科学研究科

エジプト西部砂漠オアシス社会における農家戦略

O6

丸山優樹1・柏木健一2・相馬拓宜2・喜田川たまき2Lamia Arfa3Erraach Yamna3Lokman Zaibet3・礒田博子2

1農林水産業農林水産政策研究所,2筑波大学,3 National Institute of Agronomy of Tunisia

日本におけるチュニジア産オリーブオイルの消費者選好評価

O7

大山修一

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科

西アフリカ・サヘルのシロアリによるプラスチック製サンダルの「摂食」行動

O8

田島淳1・海老原和真1・鈴木伸治1・真田篤史1・篠原卓1・實野雅太1Ismael Tabarek M2

1東京農業大学,2ジブチ農業省

ソーラーポンピングシステムにおける砂鉄の侵入と対策

 第4回沙漠国際会議/第14回国際沙漠技術会議のアナウンス(20219710日)

日本沙漠学会第33回学術大会(北海道を予定)のアナウンス(20225月)

 

 

529日(土)16:4018:00 <研究懇談会>

  Zoomブレークアウトルームによる懇談会を予定

 

530日(日)10:0012:00 <総会>

 

--------------------------------------------

新型コロナウイルス感染症の影響下で,ベストな大会開催方法について模索してきましたが,当初計画した北海道(酪農学園大学)での開催は困難であると判断し,今年度はオンラインでの学術大会実施とさせていただきます.(大会委員長・小長谷有紀)
大会事務局:
jaals2021a@gmail.com
--------------------------------------------

日本沙漠学会2021年 第32回学術大会・総会開催について

2021年5月29~30日にZoom会議室において開催いたします.詳細は|大会・シンポジウム|の情報をご参照ください.

総会資料の掲載ページはこちら

2020~2022年度評議員選挙開票結果

2020~2022年度評議員選挙開票結果報告です.

 

学会誌《沙漠研究編集業務について 2018/4/1

28巻1号より株式会社共立に編集業務を外部委託することになりました.

学会事務の一部を外部委託することになりました 2016/8/2

会員管理・会計業務・サイト管理等の学会事務を7月より株式会社共立に外部委託することとなりました.

学会誌「沙漠研究」Vol25 (2015)~ J-STAGE公開
-----------
"Journal of Arid Land Studies" is open to public  from vol. 25 (2015) via J-STAGE

・「砂漠化の原因・現状」について

・「砂漠化防止の国際的取り組み

                               について

鳥取大学乾燥地センターの解説)

Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA
Kosa blowing over the East China Sea from the mainland China. ©NASA